フラット35住宅ローンのシュミレーションで何がわかる?

住宅を購入する事を考えていらっしゃる方も多いと思います。
購入するには住宅ローンを組まないといけません。
住宅ローン減税は銀行のほかネットバンクや信用金庫などからも申し込みが出来ます。
住宅ローン減税を組む際には金利・審査・諸費用がかかります。
審査の合否は約1週間前後かかります。
ローン金利は契約が終了した月の物が採用されます。
諸費用の計算は、借入金額によりますが数百万単が一般的です。
マイホームが欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの内容を1つ1つこなしていかないといけません。
契約終了には約3.
4カ月かかる事が多いです。
住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
ローン金利はだいたい大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側から薦めなどはありません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。
と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。
どっちの金利が良いかわからなくなった時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。
マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。
ですが、マイホームを購入する際には必ず住宅ローン減税審査をしなければいけません。
現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。
ですので、銀行の住宅ローン減税を利用される方が一般的です。
住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。
ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。
ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。
住宅ローン減税の中には、フラット35という名前のローンがあります。
フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提供する特殊なローンになります。
住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。
厳しい審査が待っています。
ですが、フラット35の審査は少し違う点もありとはいえ、年収や勤続年数などは住宅の価値を審査される。
という点が加わります。
違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。
という所を重点的に見る。
という点です。
逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。