リフォームローン借り入れの条件は緩い?審査に通る基準は?

比較的手軽なリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても借りられるリフォームローンです。

保証人を確保しなくても借りられるので他のローンと比較して割と手軽に利用出来るローンとなっています。

一方で、金利が高いことや、借入期間が短い、限度額が少ないなど担保型と比べてみると、デメリットを感じる点も少なくありません。

ということで、無担型ローンが生きるケースというのは小規模なリフォームを行う時になります。

持ち家があり、少額のリフォームなので余裕がある人のリフォームとみなされることが多く審査に合格しやすいといった傾向があるからです。

リフォームローンの口コミでの注意点として、高評価な金融業者が良い業者とは限りません。

低金利なローンであれば多くの人が希望するのは必然ですので審査が厳しいと言われてます。

その結果、多くの人が審査に落とされてしまい怒りが収まらず、悪い口コミを書いてしまうんですね。

そういう訳で、口コミを信用し過ぎでローンを選ぶと自分に合った商品を見落とす可能性があるのです。

金融関係の口コミの場合、口コミの件数に左右されることなく、付けられた評価が、なぜその評価なのかという理由まで見る必要があるのです。

リフォームローンの金利に関してですが金融機関によってそれぞれ異なります。

低い金利は1%台からありますが、金利が15%ほどもある金融機関もあります。

2種類の金利体系があり変動金利と呼ばれるものと固定金利と呼ばれるものがあります。

変動金利のメリットには金利が低いことが挙げられますが、景気の情勢に応じて金利が変わってしまうリスクがあります。

一方、固定金利は完済まで金利は変わらない安心感はありますが、そもそもの金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても高金利のまま返済をし続けるというリスクもあります。

ARUHI(アルヒ)のリフォームローンについてご説明します。

アルヒのリフォームローンは申込資格には、満20歳以上から65歳未満と定められています。

融資金額は50万円以上1 000万円以内と高額で、返済回数も1年(12回)から35年(420回)と住宅ローン並みに長期です。

アルヒの契約には連帯保証人が必要になるほか、借入の合計金額が500万円超となる場合は抵当権も設定され、団信保険付プランを任意で付けることもできます。

ARUHI(アルヒ)の利率の適用基準は変動金利型で、年に2回の長期プライムレートを3か月後の口座振替から適用します。

アルヒのリフォームローンの商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれに基準金利と事務手数料が異なります。

リフォームローンにシミュレーションできることをご存知ですか?シミュレーションは大手金融機関のHPで試算フォームが設置されています。

検索窓に「リフォーム シミュレーション」と入力し検索するだけで該当するサイトがたくさんヒットするので希望の見たいサイトをクリックすればOKです。

借入希望額、返済期間やボーナス時の返済額や割合を入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されるためローンを組む前のシミュレーションに最適です。

個人情報の登録などは一切ないので安心して利用することができます。

返済額の計算は複雑なため、素人では試算が大変ですので、リフォームローンに興味がある方は積極的にご利用ください。

オリコのリフォームローンは24時間365日仮受付可能な「Webリフォームローン仮受付」が便利です。

金融機関に行かずともパソコンから手軽に申し込みができ最短2日という速さで審査結果が送られてきます。

オリコのリフォームローンは完済完了まで固定金利が適用されることになりますが、保証人、担保、保証料など一切不要というメリットがあります。

使い道として改修工事やリフォームだけに留まらずソーラーシステムの設置工事などにも利用できます。

申込時の注意点としてWeb仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、販売店のコードもしくはIDを入力しなければなりませんのでご留意ください。

残念ながらリフォームローンに落ちたという人はその原因を丁寧に分析することが大切です。

参照:http://www.freedomisavoice.com/reform/requirement.html

落ちてしまった要因として借入希望金額が収入に対して高額すぎたのかもしれません。

あるいは、勤続年数や雇用形態(正社員・契約社員など)に問題があったのかもしれません。

マイカーローンの返済中やリボ払い、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況というのは、割と大きな要因となります。

これらのローンをきちんと返済することが審査に受かる近道となります。

口コミで人気のアプラスのリフォームローンはTポイントを貯めることができます。

申し込める条件として、20歳以上65歳未満、安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内で、返済回数は最長84回(7年)ですから手頃なローンになっています。

金利に関しましては短期融資なので7.20%から14.40%と少々高めの設定になっています。

家に居ながら申し込みが可能なことや保証人・担保が不要で、小規模なリフォームには適しています。

返済シミュレーションも条件を細かく設定できるので、アプラスのリフォームローンに興味のある方は一度、HPをご覧になってみることをおすすめします。

楽天にもリフォームローンがあることをご存知ですか?楽天のリフォームローンには【フラット35(リフォーム一体型)】と呼ばれる商品があります。

リフォーム用の工事代金と住宅購入代金とを合わせひとつのローンで融資が受けられる商品です。

2016年10月からは新しく【フラット35】リノベが販売されています。

フラット35(リフォーム一体型)と相違する点は5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることになります。

注意点として、工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできないことがあげられます。

ご存知ですか?リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上がったり下がったりします。

担保があるかないかによっても金利が変わり現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場です。

金利タイプを大きく分けると2種類あり変動金利型というものと固定金利型というものがあります。

変動金利型は市場金利に伴って6か月ごとに金利が更新されるというローンで固定金利型というものは市場金利の変動に関わらず、金利が一定のローンです。

更に固定金利型には完済まで金利が継続される長期固定金利型とある期間内だけ固定になり満了ごとに長期か変動を選択する固定金利選択型があります。

リフォームローンを組むことによって受けることができる控除は所得税ですね。

申告することによってその年の所得税から限度額はありますが、工事費の10%が還付されるというものです。

対象となるリフォーム工事の内容と限度額に関しましては条件が指定されていて定められています。

省エネ及び耐震工事、三世代同居の場合は25万円、バリアフリー工事は20万円と定められています。

共用する控除の要件には自分が所有して住まうことや所得が3000万円以下という条件があります。

リフォームローン金利比較は大手の比較サイトを利用するのが効率的です。

数社の金融機関が一同に掲載されている比較サイトであれば借入れ条件が一目見てわかります。

気になる金利や借入限度額など条件に応じて並び替えができるのも便利です。

サイトによっては金融機関のバナーが貼ってありますのでわざわざ検索する手間が省けます。

近年ネット銀行が広く普及してきたので、ネットで完結できるローンが増えています。

金融機関より借り入れたリフォームローンが余ってしまった場合、借り入れた金融機関に返金する必要はあるのでしょうか?融資される金額は業者の見積書などによって決定するため余剰が出るケースは稀ですが余剰分をそのままにしておくと過大請求したみたいで不安になってしまいますよね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しないように見積もり時に上乗せ融資をすすめてくるリフォーム業者もいます。

追加融資が難しい金融機関では、予め上乗せ融資を勧めるといったことがあるようです。

融資を受けたのにリフォーム以外でお金を使ったということでもない限り、融資を受けた側が最終的に完済すれば問題が無く、そのまま放置していてもいいようですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をしておくことをおすすめします。

リフォームローンの頭金は業者によって様々です。

着工前に頭金が必要となる業者もいれば工事完了後に全額一括支払いでという施工業者もいます。

リフォームの金額も工事業者によって大分違いますので複数の業者から見積もりを取る方がいいでしょう。

通常、頭金の金額は工事費用の1割から2割程度が一般的ですが、契約前にも関わらず先に用意しておきますねと、手際が良い風を見せかけて資材費を請求してくる業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に契約内容を確認することが重要です。

絶対に契約締結前に頭金などを請求する業者は選んではいけません。

リフォームローン減税について紹介します。

リフォームローン減税というものは住宅ローンを利用してリフォームを行う場合に対象になります。

減税の対象となるリフォーム工事にはどんな工事でも対象になるというわけではなくいくつか定められた条件があります。

耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などでしかも100万円を超えないと適用されません。

減税申請する申請者についても要件があり年収3000万円以下かつ、返済期間は10年以上、また工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどが条件として定められています。

また減税の申請は自己申告制なので入居した翌年に確定申告をしなければいけません。